アニメアイズ

【5匹の勇者たち】日曜日の癒し番組として人気を集めた『ケロロ軍曹』をご紹介

『ケロロ軍曹』は、吉崎観音氏による原作をテレビアニメ化したものです。ケロロと4匹のカエルたちは地球を侵略するスペースノイドとして地球に舞い降り、日向家に居候することになりました。吉崎観音氏は『ドラえもん』を描いた藤子不二雄をはじめとする『ガンダム』や『ジョジョの奇妙な物語』に大きく影響を受けているものの、そのオリジナリティーの前では全てがカエルっぽく表現されています。

『ケロロ軍曹』あらすじ

地球を侵略するために宇宙から舞い降りたカエルが5匹。

ケロロ軍曹・タママ二等兵・ギロロ伍長・クルル曹長・ドロロ兵長です。

5匹はケロン星のケロン星人ですが、普段は中央母艦「グランド☆スター」が本部として機能している『ケロン軍』に従事しています。日向家の冬樹や夏美と生活を共にするうちに地球人への愛情が芽生えます。日向の家にはのちに、アンゴル族のヒト型宇宙人の少女・アンゴル=モアも同居し、宇宙間交流のバランスは混沌を極めていきます。

『復活を待ち望んでいる』

『ケロロ軍曹』は、2004年4月3日~2011年4月2日まで続いた人気作品であり、今も復活待望論が囁かれる、誰もが愛するほっこりとした物語です。

全357話のなかで殆ど「地球侵略計画」の話が進まず、サザエさんを見ているような感覚を覚えます。ケロロたちは地球人のことをポコペン人と呼びます。そして日向家に居候する時に「地球人に捕獲された」と認識した偵察隊本部がケロロたちを置いて「グランド☆スター」に撤退するシーンは切ない場面です。

 

慣れない環境でいつの日かこの星を侵略するために地球ローカルの文化を学ぼうと必死になるケロロ軍曹の姿は健気(けなげ)です。5匹のキャラクターはそれぞれに個性的で色分けされており、役割分担ができています。「この星のため」「この星を侵略するため」両面でカエルたちの活躍が躍動感をもって描かれています。

 

 

文章:Shinichiro.S

 

関連記事

  1. 『ブラック・ブレット』のティナちゃんが可愛すぎてつらい!!
  2. NHK教育テレビのロングラン・アニメーション作品『おじゃる丸』今…
  3. 新聞記者の究極の食探しの物語『美味しんぼ』家族ドラマも見どころの…
  4. ファンタジー・アニメーションの名作『亡念のザムド』深夜アニメの人…
  5. 60年代のアニメーション界を代表する和風ダークファンタジー作品『…
  6. 深夜アニメ界で絶大な人気を誇る『はたらく細胞』1話完結型ストーリ…
  7. ガンダム史上貴重な6話構成のサイドストーリー『機動戦士ガンダム0…
  8. 少女漫画誌【リボン】に連載された人気作品『あにゃまる探偵 キルミ…
  1. アニフォ 漫画 アイキャッチ

新着記事をチェック!

「ニセコイ」の続編アニメ再び、「ニセコイ:」。

このアニメは2015年の春に「ニセコイ」の続編として全12話がTV放送されました。前作「ニセ…

週刊少年ジャンプで連載された正統派ラブコメのアニメ「ニセコイ」。

このアニメは2014年の冬から春にかけて全20話がTV放送されました。原作は週刊少年ジャンプ…

良質アニメには変化が必要『突然変異型アニメキャラについて』客観視と心理的成長

アニメに躍動感を求めるときに多く用いられる手法がキャラクターの突然変異です。それは大概の場合、魔界か…

新着アニメニュース

PAGE TOP