アニメアイズ

プロデューサーのお仕事とは?『映画大好きポンポさん』監督の逃げ道を失くすこと!?

出典:©2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/ 映画大好きポンポさん製作委員会

映画の都「ニャリウッド」に映画会社ペーターゼンフィルムがある。

そこで、敏腕プロデューサーのジョエル・ダヴィドヴィッチ・ポンポネット、通称ポンポさんのアシスタントとして働くジーン・フィニは、映画宣伝CMの出来が認められ、次回作「MEISTER」の映画監督に抜擢された

「2時間、3時間の長編ものは疲れる。私が感動する90分の作品を作れ!」というポンポさんの期待に応えられるか?

念願の初メガホンをとったものの、ジーンは葛藤し、抵抗し、しまいには難癖付けて逃げようとする。

わがまま撮影

「どうしても必要なシーンなんだ!」

順調に撮影スケジュールをこなして一旦クランクアップしたものの、後からイメージが湧き、どうしても撮り直しがしたくなったというジーン。

そのシーンがないと、いい映画にならないともいう。

ポンポさんはその要求に応えて、脚本の手直しとスタッフを再結集する。

わがまま編集

感動を伝えたいとか、女優をキレイに撮りたいとか色々こだわって撮影した70時間以上のフィルム・・・

あのシーンもこのシーンも90分の中に残したいものだらけ。

いろいろ無理を聞いてもらった以上、今さら逃げられない。

試行錯誤の中、刻限が迫り、いよいよ追い込まれた結果・・・

「70時間もの膨大なフィルムを90分にまとめるとか、無理だ!」

ついに壊れたジーンは、感動シーンもお気に入りのシーンもガンガン切り捨てる。

わがまま受け答え

でたらめに切りまくって出来上がった作品はなぜか評価され、賞をとった。

お気に入りのシーンを訊かれたものの、ストーリーなど覚えているはずもなく・・・というより、どういう作品になったのか、怖くて見ていない。

「制作者は自分の映画の内容には感動しない」

今さらながら、ポンポさんの言葉の意味を知ったジーンであった。

そして、ようやくジーンの口から出た言葉は、

「90分に編集できたとこですかね・・・」

 

何かと無理難題、理由を付けては逃げようとする監督。

プロデューサーはそんな監督の「こだわり、わがまま、開き直り」をすべて受け入れ逃げ道を塞ぐ。

プロデューサーのお仕事は、監督を追い込んでなんぼ・・・なのですね。

 

文章:ヒトツメロバ

関連記事

  1. 鬼のイメージアップ作戦『おにぱん!』であなたにも変化が?
  2. 今作は勇者が3人⁉「DOG DAYS’(ドッグデイ…
  3. 『俺ガイル』3クール【まとめ編】
  4. またやらかすダメ父『やくならマグカップも 二番窯』は怒れる人たち…
  5. 『鬼滅の刃』第一話「残酷」【感想】
  6. ルネサンス期、真っ只中が舞台の「アルテ」アニメ化。
  7. 『鬼滅の刃』第二十話「寄せ集めの家族」【感想】
  8. 『真・進化の実~知らないうちに勝ち組人生~』のツッコミどころとは…

新着記事をチェック!

【白猫テニス】新キャラなし告知から半年…現在は?

出典:Copyright © いらすとや. All Rights Reserved.こんにちは統…

【白猫プロジェクト】ホロライブキャラの使用感

こんにちは統です!昨日までホロライブのコラボガチャがきてました。白猫プロジェクトがホ…

『うぽって!!』の銃器娘からの身の守り方

出典:(c)2012 天王寺キツネ・角川書店/うぽって!!製作委員会「うぽって」逆から読むと「て…

新着アニメニュース

PAGE TOP