アニフォゲーム部

『実況パワフルプロ野球10』キャットハンズ攻略【サクセス】

実況パワフルプロ野球10はサクセスで個性あるチームを選べる。今回は個性色が一際強いキャットハンズについて取り上げる。

キャットハンズの醍醐味といえるのがオーナーとの交渉。主人公の手腕が試される。交渉はオーナーの初期評価プラス主人公の話術による増減。3回目の交渉を終えた時点の評価が成功率となる。0以下になると失敗、100以上となると成功

 

 

ランクごとにおける初期評価を示す。

 

A.初期評価(?(5以下)~20をちょっと超えるくらい。15以下である確率が非常に高い)
育成が有利になる反面、交渉難易度はかなり高めに設定されている。
3回とも評価を上げても、確実にオーナーになるわけではない。一度でも選択肢を間違えると絶望的なレベル(0を下回ることもある)。

B.初期評価(おおよそ20台前半~60をちょっと超えるあたり)
オーナーの興味によって難易度がかなり変化する。
興味を持っていた場合は、2回で成功となることもある。
効果はAに劣るものの、オーナーとしてはそれなりといえる。

C.初期評価(60~75)
オーナーの性格がわかる。
いやらしいに物でつるを選択すると、1回でオーナーとなることもある。
効果はあまり高くないものの、特徴を持った企業が多い。運がよければ、かなり強くなる企業もある。

D.全ての交渉に失敗した場合、オーナーとなる企業。
練習レベルが1(最低レベル)となるため、育成が絶望的となる。

オーナーとの交渉で使用可能なコマンドについて示す。
押す 強気 ゆさぶる 泣き落とし ものでつる 様子見 おだてる 実力勝負

オーナーとの交渉時、5つまたは8つが表示される。(5つの場合はランダム)

 

 

オーナーの性格を以下に示す。 

・普通 特に個性がない性格。確実に評価を上げる手段はない。下がらないものを選択したい。初期評価依存といえる性格で、Aだと成功はほぼ絶望的。

・泣き虫 おだてる、物でつる、泣き落とし(一発成功あり)が非常に有効。ゆさぶるもややプラス。
押すは絶対に避けたい。強気も危険が伴う。(あがっても、3つに劣る)
評価を簡単に上げられるので、Aであってもオーナーにしやすい。

・怒りっぽい 強気で評価を確実に上げられるが、おまけ程度。(30%は高評価or一発成功)
リスクを伴うもののゆさぶる、物でつるを選択するしかない。失敗したらお手上げ。
他はどれを選んでも評価が下がる。(押すは稀にあがる)
初期の選択肢によっては、どうしようもないのが特徴。Aはかなりの確率で詰む。
筆者はAだと20回中、2回しか成功していない。(16回くらいは0になって終了)
Bで興味を持っていたときも、選択肢が悪くて失敗したこともある。
全性格で最も難易度が高いため、登場しないように祈ろう。

・頑固 様子見、泣き落としが有効。おだてる、ゆさぶるは避けたい。

・真面目 ゆさぶるが有効。様子見、押すはマイナスにならない。物でつるは一発でアウト。勝負に出たいのであれば泣き落とし、おだてるを選んでみよう。

・弱気 強気、ゆさぶるが有効。おだてる、押すを選択しなければ評価が下がることはない。

・いやらしい おだてる、物でつるが良い。ゆさぶるもまずまず有効。他は一切上がらない。
3つがすべてうまくいくと、オーナーへの道は近い。

・気まぐれ 運に左右される。一発逆転を狙いたいときはサイコロ勝負にかけてみるといい。
5だと成功、2だと失敗となる。Aの場合は3もNG。

 

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 『Fate/Grand Order』新サーヴァント「★5 キング…
  2. 遊戯王 ファラオのしもべ 紹介
  3. 「蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐」がスマホゲームに生まれ…
  4. 遊戯王 vol.4 紹介
  5. 『パワプロクンポケット3』の彼女について
  6. 【遊戯王】 ヴィクトリー・ドラゴンの憂鬱
  7. 『遊戯王』今だからこそ、初心に返って遊んでみて欲しい!
  8. ポケモン ポケモン歴代シリーズ(ゲーム編①)
2019年春アニメをご紹介!第7弾『 八十亀ちゃんかんさつにっき 』
  1. ポケモン

新着記事をチェック!

ごく普通の少年が超人世界のヒーローになる『僕のヒーローアカデミア』全く新しいストーリー(2016年)

堀越耕平氏が原作を描いたこの作品は漫画版が大ヒットし、2016年に待望のアニメ化がされたものです。T…

さやかとまどかの転機『魔法少女まどか☆マギカ 4話』マミの死を乗り越えられるか!?(2019年)

共有著名Magica Quartetが原作を担当している今作は、魔法の世界のデザインが話題を呼び、2…

期待の深夜アニメとして放送された『デスノート』この恐怖は正義か悪か?(2006年)

大場つぐみ氏が原作の漫画を描いてその後実写化やアニメ化により広く知られることになった作品です。作品の…

新着アニメニュース

PAGE TOP