アニフォゲーム部

【遊戯王】ラッシュデュエルのレジェンドカードの強さ(2022年1月時点)

出典:©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

ラッシュデュエルにおける、レジェンドカードの強さ(2022年1月時点)を書いていきます。

一枚一枚のカードについて、個人の主観で評価していきたいと思います(評価は0~100で100が最高)。

あくまで個人の主観ですので、ご了承ください。

評価5~25

<ホーリー・エルフ> 5

下級モンスターにしては、守備力が高いといったカードです。

レジェンドカードでなかったとしても、使われないような気がします。

<千年の盾> 10

攻撃力0のデッキでは、採用するかもしれないといった程度です。

<成金ゴブリン> 10

相手のライフを回復させてしまう上、1枚しかドローできません。

<ブラッド・ヴォルス> 15

ラッシュデェエルでは、高レベルモンスターが簡単に召喚されます。

下級モンスターでは厳しいです。

<レッドアイズ・ブラックドラゴン> 20

サポートカードが登場したものの、実践レベルには達していません。

<地砕き> 20

マキシマムモンスターを破壊できないのは致命的です。

<落とし穴> 20

発動できれば強力であるものの、貴重なレジェンド枠を使うのはもったいない印象を受けます。

<戦士の生還> 25

特定のデッキでは活躍できるかもしれません。

<手札抹殺> 25

手札を入れ替えることをメリットにできるなら、採用される可能性はありそうです。

評価30~50

<ブラックマジシャン> 30

ブラックマジシャンの専用カードが登場しない限り、優先して採用されることはないでしょう。

<バスター・ブレイダー> 30

ドラゴン族を相手にしたデッキなら、効果を生かすことができます。相手依存である部分が大きいため、安定した運用は難しいです。

<強欲な壺> 30

ドローフェイズに大量のカードをドローできるため、手札が1枚増えるだけのカードを採用するのは難しいです。

<死者転生> 30

マキシマムデッキにおいて、投入されることがあります。

<右手に盾を 左手に剣を> 30

相手の採用しているモンスターによっては、活躍できる場面もあるかもしれません。

<死者への手向け> 40

一昔前は強かったものの、現在は弱体化している印象を持ちます。

<人造人間・サイコショッカー>  40

トラップ主体のデッキが流行したら、対策カードとして活躍するかもしれません。

<デーモンの召喚> 50

リリース1体で召喚できるモンスターとしては、高い攻撃力を誇ります。サポートカードが登場すれば、活躍できるかもしれません。

<サイバティック・ワイバーン>  50

通常モンスターのサポートカードが登場すれば、活躍の機会はありそうです。

評価60~100

<青眼の白龍> 60

元々の攻撃力は高いものの、他に採用したいレジェンドカードがあります。優先するのは厳しい状況です。

<炸裂装甲> 60

出典:©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

<聖なるバリア・ミラーフォース>の下位互換なので、サポートカードとの併用が前提となります。

<創世神> 70

蘇生効果は非常に強いので、活躍の機会はあるかもしれません。

<天使の施し> 70

手札を入れ替えることによって、いろいろなコンボに使用できます。手札は増えないものの、活躍の機会はあるでしょう。

<海竜ダイダロス> 80

効果を発動できれば、ゲームエンドに持ち込める効果です。全破壊はかなりの威力を誇ります。

<死者蘇生> 90

多くの人が採用しているカードです。レジェンドカードの中においても、汎用性はずば抜けています。

<聖なるバリア・ミラーフォース> 95

相手の攻撃表示モンスターを全部破壊できます。発動条件はないため、<ダーク・リベレイション>よりも使いやすくなっています。

このカードの強みは、デッキに投入するだけで、相手に警戒させられるところです。心理的に優位に立つことができます。

まとめ

<聖なるバリア・ミラーフォース>、<死者蘇生>が群を抜いています。

他のカードについては、デッキによって採用されることもあります。

 

文章:アニメ君

関連記事

  1. 【遊戯王】ラッシュデュエルで登場しそうなレジェンドカード3
  2. 【遊戯王】マスターデュエルにて自爆デッキが大流行
  3. 「アクトレイザー ルネサンス」をプレイした感想
  4. 遊戯王 vol.4 紹介
  5. エクストラ超絶強化パックにおいて、7777キャンペーン実施
  6. 『ロックマン』シリーズをご紹介 Part.3
  7. 【遊戯王】<デッキ改造パック創造のマスターロード>の注目カード
  8. パワプロ2022をプレイした【感想2】

新着記事をチェック!

TVアニメ『弱虫ペダル LIMIT BREAK』第10話を見た感想

出典:©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会あらすじ互いに一歩も譲ら…

TVアニメ『ブルーロック』第14話を見た感想

出典:©金城宗幸・ノ村優介・講談社/「ブルーロック」製作委員会あらすじ圧倒的な能力と強烈…

TVアニメ『LUPIN ZERO』第三話【感想】

出典:©モンキー・パンチ/TMS第三話のタイトルは、「一世の孫、跡目を競う」です。あらすじ…

新着アニメニュース

PAGE TOP