アニフォゲーム部

近年の遊戯王は登場してから禁止になるまでの期間が短い

遊戯王の2020年7月の禁止・制限リストが発表され、「リンクロス」というリンクモンスターが新たに禁止カードに加わることとなった。パックで登場してから、わずか172日でデッキに投入できない状態に陥る。

 

近年の遊戯王では、禁止カードの高速化が目立つ。リミットレギュレーションが半年毎から、三ヶ月毎に変更されたという事情を考慮しても、あまりにも早すぎるように感じてしまう。

 

登場してから半年も経たないうちに、禁止リストに入ってしまうのは、明らかな調整ミスではなかろうか。インフレの進んだ環境に慣れてしまったプレイヤーを意識するあまり、カードバランスをおざなりにしてしまっている。

 

ちなみに遊戯王の最速禁止カードランキングは以下の通り

1位 エンタメイジヒグルミ、エンタメイトダメ―ジ・ジャグラー 167日

3位 炎征竜バーナー 風征竜ライトニング(現在はどちらも無制限カード) 169日

5位 リンクロス172日(4月は制限カード)

 

最速禁止に迫ることから、いかに強いカードだったのかを物語っている。リンク素材1体で特殊召喚できるにもかかわらず、汎用の高い効果にしたことにより禁止カード化を加速させた。

 

最速リストのトップ5に入っていないものの、十二獣(こちらも一年以内に3枚の禁止カードを出した)なども明らかに強すぎたと思う。(筆者はここまで遊戯王で遊んでいた)1ターンで決着のつくデュエルはあまりにも味気なかったし、面白みのかけらもなかった。

 

プレイヤーに楽しんでもらうために、強いカードを登場させるのはいいと思う。ただ、半年もしないうちに禁止カード入りしてしまうものは自重してもらいたいところ。お金を払ってカードを買っているプレイヤーとしては、ぞんざいに扱われたように感じてしまう。

 

時の魔導士も容易なワンターンキルが生み出されれば、すぐさま禁止カード入りするかもしれません。来年に使えなくなっているのだとすれば、あまりにも悲しすぎます。

 

文章:アニメクン

関連記事

  1. 『ロックマン』シリーズをご紹介 Part.2
  2. 【遊戯王】ラッシュデュエル注目のカードを紹介!!
  3. 【遊戯王】初代ゴールドシリーズ
  4. 遊戯王 Vol.6 紹介
  5. 『ロックマン』シリーズをご紹介 Part.3
  6. 実況パワフルプロ野球2020が7月9日に発売
  7. 遊戯王の禁止カードシリーズ(2002年まで)
  8. 【遊戯王】マスタールール変更(2020年4月1日より施行)

新着記事をチェック!

『グレイプニル』第1話「僕の中には」【感想】

2020年4月アニメなのでまだ、DVDが発売されていないのが残念ですが、この作品は筆者が「2020年…

【遊戯王】ラッシュデュエルに落とし穴が登場!

ラッシュデュエルのレジェンドカードとして、<落とし穴>が登場します。<落…

ヒーローと『アニメ版ベストカップルについて』ヒロイン

今回はアニメ版のベストカップルについて書いていきたいと思います。悲劇のヒロインや運命の相手、宿命、も…

新着アニメニュース

PAGE TOP