アニメコラム

少女が迷い込んだ世界は神々が集う湯屋だった『千と千尋の神隠し』台湾の宿場をモデルにした圧倒的世界観(2001年)

出典:© 2001 Studio Ghibli・NDDTM

今作は、スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画です。監督は宮崎駿氏が務めました。日本歴代興行収入第1位を獲得しています。「どんな人生が本当の人間らしさなのか」と人間の本質的才能を問う問題作として日本国内でヒットしました。また日本文化の象徴として海外からも評価を受けた作品です。

不思議な世界と千尋

物語の舞台は東京都も群馬とも囁かれていますが公開から20年近く経った今も様々な噂が飛び交っています。引越しのために車で両親と共に森の奥までやってきた主人公が10歳の少女・千尋(ちひろ)です。そこで両親と千尋の3人は不思議な神々の宿る世界にワープします。千尋を助けてくれたのはハクという少年です。しかし、仕事を持たなければ動物にされてしまうのがこの世界の掟でした。ハクや釜爺(かまじい)の導きで魔女の湯婆婆(ゆばーば)と接触した千尋は「尋」という名前を奪われ「千(せん)」という名で労働に励むことになります。

神様と人間の関係ってなんだろう

神格的象徴である湯屋(神々が集うお風呂屋)で働くことで、この世界における人間の限界や、人が支えなくしては生きられないこと、魔法の世界から俯瞰的に見た場合の人という生き物の本質的なバランスを考えさせられる物語です。

膨大な魔術世界の情報を一手に引き受け世界のバランスを保とうとする油屋(千尋が働く湯屋)の最高責任者・湯婆婆(ゆばーば)と川の神様で龍の姿を持つハクとの関係は常にフェアな関係にあります。神様が人間のために働くのならば人間とはどうあるべきなのかというテーマが見えてきます。

力を持つものがどうあるべきか

カオナシという化け物は、人を丸呑みにし、掌から金の粒を生成する物欲と神憑りが実態化したようなものですが、やはりこのキャラクターも千尋と同じように湯婆婆の世界から逸脱した存在です。湯婆婆が愛してやまない坊(ぼう)と共にカオナシと千尋も湯婆婆(ゆばーば)の双子の姉の銭婆(ぜにーば)のもとに向かいます。

千尋とハクの知られざる過去が明らかになるラストシーンには感動させられます。

 

文章:Shinichiro.S

関連記事

  1. TVアニメ『スローループ』第12話【感想】
  2. TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』第4話【感想】
  3. TVアニメ『理系が恋に落ちたので証明してみた。r=1-sinθ』…
  4. 機動戦士Zガンダムの続編として描かれた人気作品『機動戦士ZZ(ダ…
  5. TVアニメ『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』 第1…
  6. 『幽☆遊☆白書』のOVAを見た感想
  7. ルパン三世史上稀に見る人気作『ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパ…
  8. TVアニメ『ぷちセカ』第6話を見た感想

新着記事をチェック!

『アニフォ』第六十作:年末懐古【4コマ劇場】

年末総集編的なね……。作:babaroa…

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』第8話まで視聴した感想

出典:© 創通・サンライズ・MBSガンダム×学園『機動戦士ガンダム 水星の魔女』は202…

TVアニメ『ブルーロック』第6話を見た感想

出典:©金城宗幸・ノ村優介・講談社/「ブルーロック」製作委員会あらすじチームYとの試合を…

新着アニメニュース

PAGE TOP