アニメアイズ

書道の先生の紆余曲折な人生を描く『ばらかもん』離島暮らしの修行で得た教訓とは

「ばらかもん」は、五島列島の方言で「元気者」の意味です。原作は漫画家のヨシノサツキさんです。主人公の半田清舟(はんだ せいしゅう)は23歳ながら書道界の家元の後継ぎとして、将来を期待されている人物です。それがある事件をきっかけに五島という島に島流しにされてしまいます。彼のセンスは、ど田舎の町とどのような化学反応を示すのでしょうか。

『ばらかもん』あらすじ

書道家の半田清舟は、とある書道展示会で自分の作品を酷評した展示館の館長を殴ってしまいます。書道の家元の後継であることから両親は事を穏便に納めようと清舟を五島という島にとばします。五島の町で一人暮らしすることになった清舟は、町の人々との交流の中で自分の中にある変化に気づきます。

島に住む女の子「琴石なる」はまだ小学生ですが、清舟に懐いていつも一緒にいます。島にも慣れた頃、清舟は、本土に戻ってこないかと誘われます。しかし清舟は、五島に残ることを決めました。

『人との繋がりが全て』

長崎県の五島列島は昔から島流しのメッカとして現実世界でも有名でした。主人公の清舟は、美しい景色とは対照的にボロボロの家に住むことになりました。この作品の見所はやはり琴石なるという少女との交流でしょう。なるはおじいちゃんとの2人暮らしです。

両親はなるがまだ小さい頃に他界しています。清舟はなるの本当の親のように接します。そして清舟はデリカシーに長けておりいつでも紳士的です。実は、館長に酷評された時、「型にはまったつまらない字」と言われたのですが、なるの「人と人とのつながりこそ、万全な防犯対策」という言葉や価値観を型にはめることのない姿に刺激を受けて立ち直ります。

 

元々持っている資質は十分に天才的な清舟が、島で気付いた本当の意味での自由や人をつなぐ大切さを表現した時、今までとは全く違う「書」を作り上げることができたのです。

 

 

文章:Shinichiro.S

 

関連記事

  1. 可愛らしい勇者誕生!えんどろ~!をご紹介
  2. NHK教育で一躍人気を博した名作『電脳コイル』ウェアラブルが普及…
  3. サトシとピカチュウの出会いを描く注目作『劇場版ポケットモンスター…
  4. 月からモビルスーツが舞い降りる!?『∀ガンダム』の総括
  5. ジョージ・ルーカス監修『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ 』…
  6. 一年戦争のレクイエム『機動戦士ガンダム THE ORIGIN前夜…
  7. 映画第2作『怪盗グルーのミニオン危機一発』ドラクエのスライム並み…
  8. ピクサーの人気シリーズ第3作『トイストーリー3』新しい主人の下で…

新着記事をチェック!

【遊戯王】ライトニング・オーバードライブの+1パックの再録はオネスト

出典:©2021 Konami Digital Entertainmentラ…

直接対面時間1時間で結婚⁉「トニカクカワイイ FLY ME TO THE MOON」。

このアニメは少年サンデーで連載されている畑健二郎の同名漫画を2020年秋、TV放映されています。…

2人の少年と少女が夢に向かって苦難の道を突き進む「ランウェイで笑って」。

このアニメは講談社の少年マガジンで掲載されている猪ノ谷言葉(いのやことば)の連載漫画を2020年の冬…

新着アニメニュース

PAGE TOP