アニメコラム

書道の先生の紆余曲折な人生を描く『ばらかもん』離島暮らしの修行で得た教訓とは

出典:(c)ヨシノサツキ/スクウェアエニックス・「ばらかもん」製作委員会

「ばらかもん」は、五島列島の方言で「元気者」の意味です。原作は漫画家のヨシノサツキさんです。主人公の半田清舟(はんだ せいしゅう)は23歳ながら書道界の家元の後継ぎとして、将来を期待されている人物です。それがある事件をきっかけに五島という島に島流しにされてしまいます。彼のセンスは、ど田舎の町とどのような化学反応を示すのでしょうか。

『ばらかもん』あらすじ

書道家の半田清舟は、とある書道展示会で自分の作品を酷評した展示館の館長を殴ってしまいます。書道の家元の後継であることから両親は事を穏便に納めようと清舟を五島という島にとばします。五島の町で一人暮らしすることになった清舟は、町の人々との交流の中で自分の中にある変化に気づきます。

島に住む女の子「琴石なる」はまだ小学生ですが、清舟に懐いていつも一緒にいます。島にも慣れた頃、清舟は、本土に戻ってこないかと誘われます。しかし清舟は、五島に残ることを決めました。

『人との繋がりが全て』

長崎県の五島列島は昔から島流しのメッカとして現実世界でも有名でした。主人公の清舟は、美しい景色とは対照的にボロボロの家に住むことになりました。この作品の見所はやはり琴石なるという少女との交流でしょう。なるはおじいちゃんとの2人暮らしです。

両親はなるがまだ小さい頃に他界しています。清舟はなるの本当の親のように接します。そして清舟はデリカシーに長けておりいつでも紳士的です。実は、館長に酷評された時、「型にはまったつまらない字」と言われたのですが、なるの「人と人とのつながりこそ、万全な防犯対策」という言葉や価値観を型にはめることのない姿に刺激を受けて立ち直ります。

 

元々持っている資質は十分に天才的な清舟が、島で気付いた本当の意味での自由や人をつなぐ大切さを表現した時、今までとは全く違う「書」を作り上げることができたのです。

 

 

文章:Shinichiro.S

 

関連記事

  1. TVアニメ『ポプテピピック』第2期 第11話を見た感想
  2. TVアニメ『ファ美肉おじさん』第8話を見た感想
  3. TVアニメ『ルパン三世PART6』第十三話【感想】
  4. TVアニメ『弱虫ペダル LIMIT BREAK』第5話を見た感想…
  5. TVアニメ『白い砂のアクアトープ』第5話 「母の来訪」 感想
  6. 新海誠監督初の長編ラブロマンス・アニメーション『君の名は。』をご…
  7. 一球入魂『ミラクルジャイアンツ童夢くん』ジャイアンツなんて大嫌い…
  8. 【万屋三人衆の物語】万屋に持ち込まれる宇宙レベルの難事件に挑む『…

新着記事をチェック!

TVアニメ『弱虫ペダル LIMIT BREAK』第10話を見た感想

出典:©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会あらすじ互いに一歩も譲ら…

TVアニメ『ブルーロック』第14話を見た感想

出典:©金城宗幸・ノ村優介・講談社/「ブルーロック」製作委員会あらすじ圧倒的な能力と強烈…

TVアニメ『LUPIN ZERO』第三話【感想】

出典:©モンキー・パンチ/TMS第三話のタイトルは、「一世の孫、跡目を競う」です。あらすじ…

新着アニメニュース

PAGE TOP