アニメコラム

富野由悠季監督が原作を手がけたガンダムのアナザーストーリー『機動戦士ガンダム MS IGLOO -黙示録0079-』一年戦争におけるモビルスーツの開発を追う物語

出典:©創通・サンライズ

この作品は機動戦士ガンダムの原作者であり、メカニックデザイナーである富野由悠季氏と共に、サンライズが中心となって制作にあたったものです。ガンプラを製作していることで有名なバンダイ(ミュージアム)により初公開されたのちはDVDやレンタルなどで高い業績を挙げたものです。

『機動戦士ガンダム MS IGLOO -黙示録0079-』あらすじ

舞台は宇宙世紀0079年のジオン公国です。1年戦争で連邦軍の「アムロ・レイ」とジオン軍のエースパイロット「アズナブル・シャア」が戦っていたまさにその裏には、もう一つのドラマががありました。ジオン軍「第603技術試験隊」という部隊はジオン軍の最新鋭機体を実用実験する部隊であり、次々と新しいモビルスーツを実戦投入してきました。一年戦争を佳境を迎え、最終戦争の最中でさえ、ジオン軍の兵器の開発と実用実験は止むことがありませんでした。

『一機のみ!』

今作には下地となる「映画:機動戦士ガンダム MS IGLOO 1年戦争秘録」という前作から引き継がれたストーリーがあります。そして後日談を描いた「OVA:機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線」というストーリーもあります。戦闘支援型モビルアーマー「MA-05Ad ビグ・ラング(BIG-RANG)」という赤い機体はジオン軍の最終戦ア・バオア・クーにて一機のみ登場し、大きな戦果を挙げました。

この機体は「機動戦士ガンダム」の終盤に登場した「MA-05ビグロ(MIP社製)」をモデルにしており、ジオン軍の赤い機体はエース級パイロットが搭乗している証です。

 

今作では戦争の意義について問うような性質のものではなく、どちらかというと人間の進化によるメカニックデザインの進歩をテーマにした作品のように思えます。ガンダムファンなら外せない作品になっています。

 

 

文章:Shinichiro.S

 

関連記事

  1. 戦国武将が現代の犬に!?『織田シナモン信長』(2020)今年の春…
  2. 2019年 夏アニメ『Re:ステージ! ドリームデイズ♪』第1話…
  3. TVアニメ『青のオーケストラ』第2話を見た感想
  4. TVアニメ『ゆるキャン△SEASON2』第9話【感想】
  5. 藤子不二雄Aの原作をアニメ化『プロゴルファー猿』打倒タイタン(1…
  6. ハクション大魔王2020|読売テレビ・日本テレビ系
  7. TVアニメ『にじよん あにめーしょん』3-4話【感想】
  8. TVアニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女Season2』第22話…

新着記事をチェック!

前上司から逃げた先でオフィスラブ♡『新しい上司はど天然』

出典:©いちかわ暖(秋田書店)/新しい上司はど天然製作委員会精神と胃をやられ、パワハラ上司から逃…

【白猫テニス】新キャラなし告知から半年…現在は?

出典:Copyright © いらすとや. All Rights Reserved.こんにちは統…

【白猫プロジェクト】ホロライブキャラの使用感

こんにちは統です!昨日までホロライブのコラボガチャがきてました。白猫プロジェクトがホ…

新着アニメニュース

PAGE TOP