アニメアイズ

身分制度の撤廃は人々の団結から『憂国のモリアーティ 第2クール』

出典:©竹内良輔・三好 輝/集英社・憂国のモリアーティ製作委員会

「やつらは義賊だ」

モリアーティたち「犯罪卿」の活動から、そう確信したシャーロック・ホームズは、彼らの邪魔をしないよう立ち振る舞う。

一方で、成り行きとはいえ「階級の撤廃」という志を同じくする政治家を手に掛けてしまうなど、中々思惑通りに事が進まないことに、もどかしさを感じたウィリアム・ジェームズ・モリアーティは、悪徳貴族を直接襲撃するという強硬手段にも打って出るのだった。

要するに邪魔者を排除しながら、市民の団結を計る事件を起こそうというのだろう。

「事件を利用して市民の一体感を図ろうとしている」

連続殺人事件を逆手に取る

出典:©竹内良輔・三好 輝/集英社・憂国のモリアーティ製作委員会

大英帝国においてフランス革命の再現を企む者がいる。

娼婦ばかりを狙う殺人鬼ジャック・ザ・リッパー事件を起こして、警察と自警団との対立を煽り、事態を広げることで、やがては階級社会を打倒しようというのが彼らの計画。

これに対し、モリアーティたち「犯罪卿」グループは、階級社会を打ち倒すという同じ志であろうと、そこに弱者の犠牲があってはならないという立場をとる。

逆に「犯罪卿」側で連続殺人犯ジャックになりすまし、人々の前に出ることで警察と自警団の団結を図る。

その陰で事件の首謀者も始末する。

火災を起こす

ロンドン大火がヒントだろう。

燃える街を前にしても、消火活動に邸内の池を使われるのを拒む貴族に

「あんたたちは国への奉仕が認められて、貴族でいられるんじゃないのかい?」

気づかされた貴族たちも参加して、消火活動に当たる。

大火の主犯として人々の前にでる

貴族も一般市民も一斉にウイリアムに罵声を浴びせる。

そんな一体となった人たちを満足そうに見つめるウイリアム。

ウイリアムは、皆の前でホームズとの戦いを演じた後、飛び降り自殺を選ぶ。

「親友を死なせてたまるか!」

ホームズもウイリアムを追いかけて飛ぶ。

ホームズは無事彼を生きて逃がすことに成功するのか?

 

気付いたことがある。

口髭の日本人がいるのだ。

おそらくは夏目漱石だろう。

大火の時はどこにいたのか?

ヒゲとか頭とかチリヂリになっていたら面白かったのに。

 

文章:ヒトツメロバ

関連記事

  1. 異世界など他人事?『異世界チート魔術師』後手に回って事態悪化
  2. 表現力で魅了する!『ピアノの森』
  3. 『この素晴らしい世界に祝福を!』第7話 「この凍えそうな季節に二…
  4. 「何気にスルーしていた」「よくわからない」というアニメシーンを独…
  5. 『ご注文はうさぎですか?BLOOM』第11羽【感想】
  6. 『呪術廻戦』第13話「また明日」【感想】
  7. 仮想現実世界で修羅場!?『恋愛フロップス』
  8. ここでもフレンズたちが大活躍!『怪~ayakashi~』

新着記事をチェック!

前上司から逃げた先でオフィスラブ♡『新しい上司はど天然』

出典:©いちかわ暖(秋田書店)/新しい上司はど天然製作委員会精神と胃をやられ、パワハラ上司から逃…

【白猫テニス】新キャラなし告知から半年…現在は?

出典:Copyright © いらすとや. All Rights Reserved.こんにちは統…

【白猫プロジェクト】ホロライブキャラの使用感

こんにちは統です!昨日までホロライブのコラボガチャがきてました。白猫プロジェクトがホ…

新着アニメニュース

PAGE TOP