アニフォゲーム部

【遊戯王】レアリティの歴史

出典:©2021 Konami Digital Entertainment

遊戯王のニュースがyahooで取り上げられていました。

遊戯王のカードは1枚1枚の値段は異なります。1枚で1円から数千万円というカードまで存在します。

今回は遊戯王のレアリティについて紹介します。

 

10000thレアカード

遊戯王10000枚目のカードとして作られました。封入率は10000枚に1枚(2000パックに1枚)という超激レアカードとなっています。

 

20thシークレットレアカード

遊戯王20周年を記念して作られたカードです。4ボックスに1枚程度の封入率といわれており、ゲームに有用なカードは1枚で20000円前後の値段となっていることもあります。

 

プリズマティックシークレットレア

20thシークレットレアの代わりに登場しました。採録された竜騎士ガイアは70000円前後のレートで取引されています。

 

エクストラシークレットレア

エクストラパックで封入されていたカードです。

 

ゴールドシークレットレア

ゴールドシリーズで封入されていたカードになります。

ゴールドボックス2014に封入された、オベリスクの巨神兵、オシリスの天空竜、ラーの翼神竜は希少価値は高いです。

 

ホログラフィックレアカード

カードはホログラフィック加工をされており、カードは白くなっています。

封入率はかなり低く、非常に入手困難です。

通常パックではウルトラレアカードの別バージョンであるため、そこまで値段はしません。

特定のパックでは復刻として登場し、こちらについては高くなることもあります。

ブラックマジシャンガールといった希少カードの場合は、1枚で10万円程度の値が付きます。

 

アルティメットレアカード

2期シリーズの途中で初登場。2~3期シリーズまでは低確率で封入、4期シリーズからはボックスに1枚以上は封入されているカードです。(封入されていないタイプのパックもある)

青眼の白龍のアルティメットレアは1枚で6万円くらいの値が付きます。レッドアイズブラックドラゴンなどもかなりの高値で取引されています。

 

コレクターズレア

主にコレクターシリーズに封入されます。

 

パラレルレアカード

vol.5で初登場。3期シリーズまではパックに低確率で封入されていた。現在はストラクチャーデッキなどにノーマルパラレルとして封入される。

 

シークレットレアカード

vol.3で初登場しました。当時は封入率は低く、なかなかお目にかかることはできませんでした。最近のパックでは1ボックスに1枚(20thレアカードとなることもある)の割合で封入されています。

 

ウルトラレアカード

発売当時の封入率はかなり低くなっていました。現在では当たりやすくなったため、珍しくないカードといえます。

初期のカードは値段は高く、10000円を超えるものもあります。

 

スーパーレアカード

発売当時はかなり封入率は低めで、4期シリーズよりゲットできる確率は上昇しました。シリーズによってはアルティメットレア、シークレットレア仕様のものもあります。

 

レアカード

現在でこそ当たり前のように入手できるようになったものの、最初は1ボックスに2枚程度という低確率でした。

 

ノーマル

レア以外のカードです。レアリティこそ低いものの、強欲な壺、大嵐、天使の施し、悪戯好きの双子悪魔、強奪、苦渋の選択、時の封印、八咫烏、サイバーポッド、ファイバーポッドなどの禁止カードをノーマルで収録されていました。

一部には封入率の低いノーマルカードもあります。

 

*すべてのカードを集められるのは、愛情あってこそだと思います。一つのことに力を捧げられることは素晴らしいのではないでしょうか。

 

文章:アニメクン

 

1枚数千万円のレアカードも!? “遊戯王愛”を貫くコレクターの信念「すべてのカードに分け隔てなく愛情を」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200508-00000319-oric-life

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 【遊戯王】ラッシュデュエルに<創世神>が登場
  2. アニメーション・クロニクルを6パック開封した結果
  3. 【遊戯王】2期のアルティメットレアどれが一番好きですか?
  4. 【遊戯王】Vジャンプの応募者全員サービスをゲット
  5. 【遊戯王】04環境ってなに?
  6. Vジャンプ7月号にて、2種類の応募者全員サービスを実施
  7. 『ロックマン』シリーズをご紹介 Part.2
  8. 『ロックマン』シリーズをご紹介 Part.3

新着記事をチェック!

TVアニメ『弱虫ペダル LIMIT BREAK』第10話を見た感想

出典:©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会あらすじ互いに一歩も譲ら…

TVアニメ『ブルーロック』第14話を見た感想

出典:©金城宗幸・ノ村優介・講談社/「ブルーロック」製作委員会あらすじ圧倒的な能力と強烈…

TVアニメ『LUPIN ZERO』第三話【感想】

出典:©モンキー・パンチ/TMS第三話のタイトルは、「一世の孫、跡目を競う」です。あらすじ…

新着アニメニュース

PAGE TOP