アニメアイズ

愛と平和をテーマに!『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』戦場での狂気の渦にも変貌しないキャラクター達の強靭な精神力に注目(2004年)

議長のギルバート・デュランダルがザフト軍の代表格であり、キーマンになっています。コーディネーターがザフト軍、ナチュラルが連邦軍と色分けされた世界で、オーブ軍はどちらの性質の人間も受け入れるという、立位置を見せています。

シードでもそうでしたが、(オーブの姫)カガリという少女の戦場でのエモーショナルな言動は常に視聴者にいい意味でのショックを与えてくれます。

SEEDのファンのニーズにしっかり答えているアンサー的作品

今作は『ガンダムシード』に引き続きアスランとキラがW主演のような形になっています。シードで既にキラがオーブの姫・カガリの双子の弟であることが発覚しています。

コーディネーターという特殊なDNAを持ちながら連邦軍の元で戦わなければならないジレンマは今作で解消されています。戦艦エターナルやアークエンジェルも健在です。

カガリはアスランと、エターナルを率いるラクス・クラインは戦友キラ・ヤマトと結ばれる運命にあります。コズミックイラという独立した時代の世界で『ガンダム SEED Destiny』では新たにシン・アスカというパイロットを加え壮大な宇宙戦争の末路を描きます。

MS/MAのデザインに注目

この作品にはいまだかつてないほど魅力的なモビルスーツ/モビルアーマーが登場します。タリア・グラディス率いる戦艦ミネルバにも注目です。

初期の段階では、インパルスガンダムやザクウォーリアー3体が搭載されています。一番豪快なモビルアーマーでいうと連邦軍のデストロイガンダム。美しい機体の代表格では、ザフト軍属のアスランの登場機でイージスガンダムの後継機であるセイバーガンダム。どれも迫力満点に描かれています。

平和という言葉の視野を広げてくれるストーリー

大戦の中で、アークエンジェルとエターナル、そしてオーブ軍が生き残る結果になったのは、大局的に見て平和への明るい兆しになったでしょう。

ガンダム史上稀に見る大作

とにかくガンダム史上最も強大な火器が飛び交う対戦となりました。SEED50話SEEDデスティニー50話の100話構成のこの作品はガンダムファンならずとも見応えのある作品になっています。

続編としての完璧な役割

この作品は『ガンダムSEED』の2年後の世界を描いています。「戦争はなぜ起こるのか」が作品のテーマになっているようです。

新しいキャラクターシン・アスカには、(2人の主人公たちが争い合った)戦争を見ながら成長した強く繊細な「心」があります。そして、今は自分もその戦争に参加するモビルスーツのパイロットです。

彼の視点から学ぶことは多く、平和を知らない少年と戦争の始まりを悟っていた2人の主人公の微妙な意識のギャップは注目すべき点としてあります。ガンダムのファン層を一気に増幅させたガンダム史に残る名作です。

 

文章:Shinichiro.S

関連記事

  1. ルネサンス期、真っ只中が舞台の「アルテ」アニメ化。
  2. 純愛の後は絆!?『アナと雪の女王2』(2019)待望の続編
  3. 『呪術廻戦』第2話「自分のために」【感想】
  4. 妖怪×忍者×巫女『あやかしトライアングル』ひとりでも三角関係!?…
  5. こんな自衛隊話聞いたことが無い「ひそねとまそたん」アニメ化。
  6. ビーチバレーとは・・・『はるかなレシーブ』いかにして大きい人を倒…
  7. 子供向けに作られた名作『ブレイカーズ』拡散すべきドラマティック・…
  8. 『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序』

新着記事をチェック!

【白猫テニス】新キャラなし告知から半年…現在は?

出典:Copyright © いらすとや. All Rights Reserved.こんにちは統…

【白猫プロジェクト】ホロライブキャラの使用感

こんにちは統です!昨日までホロライブのコラボガチャがきてました。白猫プロジェクトがホ…

『うぽって!!』の銃器娘からの身の守り方

出典:(c)2012 天王寺キツネ・角川書店/うぽって!!製作委員会「うぽって」逆から読むと「て…

新着アニメニュース

PAGE TOP