アニメアイズ

首都東京を舞台にした『東京喰種トーキョーグール』僕が”喰種”を喰ったんじゃない(2015年)

人と喰種(グール)との戦いの中に偶然その身を投じられた金木。この世界を歪めているのは『喰種』なのか? 『人』なのか?

人であった金木の喰種側に足を踏み込んでしまった戸惑いや葛藤ときに決意が感じられる作品です。

全ての始まり

物語は各区域の喰種(グール)達と、それを駆逐する「CCG(喰種対策局)」との間で総力戦になろうとしていました。

主人公の金木研は、元々普通の『人』でした。金木は喫茶店『あんていく』で自身の好きな作家の本を読むリゼという女性に恋心をよせていました。

幸運にも金木はリゼと話し、お気に入りの本を貸すことになった日、人気の無い道を二人で歩いているとき、事は起きました。リゼは喰種だったのです。

リゼに襲われた金木でしたが、頭上から鉄骨が落下し、リゼはそれの下敷きなり金木はそのリゼの臓器を移植することで一命を取り留めますが、金木の状況は身体の異常に気づきだします。

金木の居場所

『人』でもなく『喰種』でもなくなった金木は居場所を失います。しかし、そこで救いの手を差し伸べてくれたのが喫茶店『あんていく』の喰種たちであり、店長の芳村でした。

しかし、金木は珍しい隻眼の喰種(人と喰種のハーフ)であったため多くの喰種からその身を狙われます。

その内特筆すべきものはヤモリと呼ばれる喰種でしょう。ヤモリは芳村が不在のあんていくに入り込み金木を拉致します。そしてヤモリの所属している組織『アオギリの樹』の自身が使用している部屋に彼を連れ込み、拷問をはじめます。

さまざまな赫子

この作品の魅力の一つは喰種の武器である赫子のデザインであると思います。

羽赫、甲赫、鱗赫、尾赫の四種類にくわえて人が使うクインケも含めさまざまなバリエーションがあります。

特に筆者が推したいのはヒナミの父親の赫子で作られたクインケです。デザインもよいのですがそのクインケであんていくの喰種たちと戦うことになってしますのは悲しいながらも、観ている側としては高揚します。

 

文章:Shinichiro.S

改編:マフユノダリア

関連記事

  1. 時をかける少女 世代を超えて愛される青春ラブストーリー『時をかける少女』は考えさ…
  2. スラムダンク以来の衝撃『あひるの空』(2019)スポ根青春ものの…
  3. 未来のミライ 2018年にカンヌ国際映画祭でプレミア上映され話題になった『未来…
  4. 実写版のスピンオフ作品『ピンクパンサー』今尚新鮮と思えるキャラク…
  5. 感動のロードムービー『キノの旅』世界中の国を旅するキノの物語(2…
  6. 不死鳥の戦い『亜人』実写化もされた話題作
  7. 理想的な魔女の姿を描く『魔女の宅急便』
  8. 期待の深夜アニメとして放送された『デスノート』この恐怖は正義か悪…

新着記事をチェック!

【遊戯王】ライトニング・オーバードライブの+1パックの再録はオネスト

出典:©2021 Konami Digital Entertainmentラ…

直接対面時間1時間で結婚⁉「トニカクカワイイ FLY ME TO THE MOON」。

このアニメは少年サンデーで連載されている畑健二郎の同名漫画を2020年秋、TV放映されています。…

2人の少年と少女が夢に向かって苦難の道を突き進む「ランウェイで笑って」。

このアニメは講談社の少年マガジンで掲載されている猪ノ谷言葉(いのやことば)の連載漫画を2020年の冬…

新着アニメニュース

PAGE TOP