アニフォゲーム部

【遊戯王】ドラグニティのストラクチャーデッキが10年ぶりに発売

8月29日に「STRUCTURE DECK R -ドラグニティ・ドライブ」が発売となります。「STRUCTURE DECK -ドラグニティ・ドライブ-」 をベースに強力なカードを加えるようです。ドラグニティを主体としたストラクチャーデッキは、おおよそ10年ぶりになります。

 

ドラグニティの歴史を少しだけ書きます。

 

「ドラグニティ」はデュエルターミナルの6弾シリーズである、「疾風のドラグニティ」で初登場しました。発売当時の主要なカードは以下の通りとなります。(他にも多くの種類があり、「ドラグニティ-コルセルカ」は征竜デッキで活躍しました)

 

・ドラグニティナイト-ゲイボルグ

「ドラグニティ」のシンクロモンスターです。通常の攻撃力は低いものの、墓地の鳥獣族モンスターを除外することで、攻撃力をアップできます。

 

・ドラグニティ-ドゥクス

墓地のドラゴン族かつレベル3以下の「ドラグニティ」モンスターを装備モンスター扱いとして、このカードに装備します。自分フィールド上の「ドラグニティ」モンスター*200ポイント、攻撃力をアップさせる能力も有しています。ドラグニティを大量に並べることで、上級モンスターにも対抗できるようになります。

 

・ドラグニティ-レギオン

召喚成功時に墓地のドラゴン族かつレベル3以下の「ドラグニティ」モンスターを装備モンスター扱いとして、このカードに装備します。装備カード扱いされている「ドラグニティ」を墓地に送ることで、相手フィールド場の表側表示モンスターを一体破壊します。ターンの回数制限はないので、他のカードを絡めることで、相手モンスターを複数破壊できます。

 

・ドラグニティ-ファランクス

装備扱いとなっている場合、フィールド上に特殊召喚できる効果を持っています。<ドラグニティ-ドゥクス>、<ドラグニティ-レギオン>などに装着されたこのカードを特殊召喚することで、シンクロ召喚、リンク召喚などにつなげられます。

「ドラグニティ」におけるキーカードとして活躍していました。

 

ストラクチャーデッキ「STRUCTURE DECK -ドラグニティ・ドライブ-」で、初登場したキーカードを記します。(他の種類も豊富ですけど、一部だけあげます)

 

・竜の渓谷

「ドラグニティ」の新たなキーカードとして登場しました。手札を一枚捨てることで、デッキからレベル4以下の「ドラグニティ」を一枚手札に加える、デッキからドラゴン族モンスターを1対墓地に送るのどちらかの効果を発動できます。

「ドラグニティ」を強化する目的で作られたものの、同じドラゴン族である征竜デッキ(現在は3種類禁止、1種類だけ制限カード)で暴れまくったため一時期は制限カードとなりました。現在は無制限カードなので、「ドラグニティ」デッキでフル投入可能です。

 

・ドラグニティ・ アキュリス

召喚に成功した場合に、手札からドラグニティモンスターを特殊召喚し、このカードを装備カード扱いとすることができます。

<ドラグニティ・レギオン>の効果を使用することで、相手のモンスターを破壊し、更にカードを破壊できます。

欠点としてあげられるのは、自分のカードを巻き込むリスクもあることです。使い所をきっちりと見極めるようにしましょう。

 

10年ぶりにストラクチャーデッキを発売します。「ドラグニティ」の救世主になれるのでしょうか。コナミの発表から目は離せません。

 

文章:アニメくん

関連記事

  1. 【遊戯王】ラッシュデュエルの初代レジェンドカードとして青眼の白龍…
  2. 【遊戯王】2020年1月1日からのリミットレギュレーションが発表…
  3. 「アクトレイザー ルネサンス」をプレイした感想
  4. 【遊戯王】ラッシュデュエルに、<海竜(リバイアドラゴン)ーダイダ…
  5. 【遊戯王】ストラクチャーデッキー精霊術の使い手ーを開封してみた!…
  6. 【遊戯王】ラッシュデュエルで青眼の白龍の別バージョンが登場!
  7. 【遊戯王】ラッシュデュエルにフュージョン召喚登場
  8. 【遊戯王】ラッシュデュエルにブラックマジシャンが登場

新着記事をチェック!

TVアニメ『宇宙よりも遠い場所』第1話【感想】

出典:©YORIMOI PARTNERS宇宙よりも遠い場所(第一話)について、書いていきます。…

敵の不正行為を暴け!賭け野球『ワンナウツ』

出典:©甲斐谷忍/集英社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ30年間優勝…

こんな強い女性に憧れる!『攻殻機動隊、草薙素子』

出典:©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会サイボーグの体を…

新着アニメニュース

PAGE TOP