アニメ豆知識

アニメの聖地『京都アニメーションとは?』歴史を探る

京都アニメーションとは京都府宇治市に建てられたアニメ制作会社です。彼らが作成した作品の代表作は『けいおん!』『涼宮ハルヒの憂鬱』『らきすた』などがあります。筆者の個人的な趣味としては『たまこまーけっと 』も良作だと思います。筆者は男性ですが、基本的に京都アニメーションの方向性としては女子受けのするアニメといったイメージがあります。しかし、『氷菓』などは、男性が見ても感慨深いアニメ作品で、様々な視聴者層にトライする、とても興味深い制作会社です。

京都アニメーションの歴史

京都アニメーションのルーツを辿りましょう。1980年台前半に創業者の八田陽子氏のもとに京都アニメーションとして創業されたスタジオですが、当時はオリジナルアニメではなく、他の制作会社の外注製品を請け負っていたようです。スタジオジブリから『紅の豚』や『魔女の宅急便』の外注を受けていたことでも知られています。また、『攻殻機動隊』で有名なproductionI.G のメンバーとも交流があったようです。初めて自社で完全な形でアニメーション製作を請け負ったのが『フルメタル・パニック? ふもっふ』という作品で、この作品は京都アニメーションの看板製品となり、今でも人気のアニメになっています。その後は『けいおん!』のサウンドトラックがオリコンチャート1位を獲得するなど、皆さんも知っているように日本アニメ界に多大な功績を残しました。

大人の遊び

京都アニメーションの強みは圧倒的なオリジナリティーにあると思います。もちろん他社作品を請け負って成長した会社なので、「アニメとはかくあるべし」という理論上のわきまえをしっかり育て育んでいる会社なのはわかりますが、だからこその個性は視聴者を大いに魅了します。筆者は京都アニメーションの印象を「趣向性の高い上質な作品を残せる会社」だと思っています。仕事を通して「遊び方を知っている会社」だなと思います。絶妙なチームワークと優れたプロジェクト性の表れではないかと想像します。色々な障がいと向き合って、また、新境地を見せて欲しいなと願っています。

 

文章:Shinichiro.S

関連記事

  1. コナンの声優が主題歌を担当
  2. 『となりのトトロ』「実はめいも、さつきも死んでいたかも?」
  3. ガルパン『島田愛里寿』のモデルは、マレー作戦で活躍した『島田中佐…

新着記事をチェック!

TVアニメ『弱虫ペダル LIMIT BREAK』第10話を見た感想

出典:©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会あらすじ互いに一歩も譲ら…

TVアニメ『ブルーロック』第14話を見た感想

出典:©金城宗幸・ノ村優介・講談社/「ブルーロック」製作委員会あらすじ圧倒的な能力と強烈…

TVアニメ『LUPIN ZERO』第三話【感想】

出典:©モンキー・パンチ/TMS第三話のタイトルは、「一世の孫、跡目を競う」です。あらすじ…

新着アニメニュース

PAGE TOP